生命保険を利用して相続税の節税対策できる理由は? - 相続税対策に使える生命保険とは

相続税対策に使える生命保険とは > 生命保険で節税対策できる理由は?

生命保険を利用して相続税の節税対策できる理由は?

生命保険を利用して相続税の節税対策が可能ということは聞いたことはあるが、なぜ節税することができるのか疑問に感じる方もいます。
また、なぜ生命保険を活用して相続税の節税をする必要があるのか、その理由を知りたいという方も少なくないです。

生命保険を活用することで相続税の節税になる理由のひとつは、生命保険料を支払うことにより相続税の対象となる財産自体が減るからです。
このように相続税の対象となる財産が減ることで、相続額が基礎控除額範囲で収まって非課税になる可能性がありますし、課税対象となっても相続税率が低くなることも考えられるため節税対策につながるのです。
もうひとつの理由は、受け取る生命保険の死亡保険金には、相続税が非課税になる枠が設定されていて、非課税枠内なら相続税を払わず相続する財産を受け取れるようになるからです。
ちなみに、この受け取る死亡保険金の非課税枠の金額は、500万円×法廷相続人の数で計算することになります。

生命保険を活用して相続税の節税をする必要があるのは、相続税の基礎控除額が改正により縮小したからで、それにより改正前は課税対象にならないケースでも課税対象となる可能性があるからです。
では相続税の基礎控除額の改正でどのような変更があったのかというと、改正前は5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)でしたが、改正後は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)になったのです。
つまり、単純に基礎控除額が2,400万円減少してしまったと考えられ、法定相続人の数が増える程改正前と改正後の差は大きくなるのです。
これにより相続税の課税対象が拡大されることになるので、生命保険の非課税枠を上手に利用することで相続税の節税ができるのです。

それから生命保険は相続税の節税だけでなく、円満な財産分与や納税資金の確保といったメリットにつながります。
このように生命保険は残された遺族に迷惑をかけない相続財産になるのです。