生命保険でできる相続対策について相談するなら - 相続税対策に使える生命保険とは

相続税対策に使える生命保険とは > 相続対策について相談するなら

生命保険でできる相続対策について相談するなら

生命保険を活用して相続税の節税対策をすることが可能ですが、どのような仕組みにより相続税対策ができるのでしょうか?
まず相続財産から生命保険料を支払うことで、相続税の対象となる財産が減ることで相続税額が減額になるというのがひとつです。
それにより相続額が基礎控除額の範囲で収まると、相続税が全て非課税となりますし、課税対象となった場合でも相続税率を低く抑えられる可能性があります。
もうひとつは生命保険の死亡保険金には、相続税が非課税となる枠が設定されていで、非課税枠内なら相続税を払わず相続する財産を受け取れるのです。
ちなみに、生命保険の死亡保険金の非課税額は、500万円×法廷相続人数と言った式で算出される金額になります。

このように生命保険を活用して相続税の節税対策をすることが可能なのですが、生命保険ならどんな種類でどんな契約内容でも相続税対策に有効なわけではありません。
相続税対策として生命保険を活用するなら、死亡時に保険金が支払われるかどうかが大きなポイントになるのです。
その点を考えると定期保険や養老保険は、死亡保障が一定期間に限定されてしまうので、その期間が経過してから死亡しても死亡保険金は支払われないので相続税対策として不向きと言えます。

相続税対策を目的とするなら、一生涯の死亡保障が付く終身保険で、特に一時払い終身保険が相続税対策に向いている種類と言えます。
また、保険の契約者・被保険者・保険金の受取人が誰になっているかという契約内容がとても重要です。
その理由は、設定により相続税の対象として扱われずに、贈与税や所得税など多額の税金を納めなければならなくなる場合があるからです。

ただ本当にベストな方法が分からないので、相談したいと考える方も少なくないです。
生命保険でできる相続対策を相談できる先としては、保険会社や保険コンサルタント、ファイナンシャルプランナーなどがあります。
また、税金も関係してくるので税理士などに相談する方法もありますが、まずは無料で相談できるところを利用すると良いです。
相続サポートセンターの相談なら