生命保険は相続税の節税対策だけでなく様々な面で役立つ - 相続税対策に使える生命保険とは

相続税対策に使える生命保険とは > 生命保険は様々な面で役立つ

生命保険は相続税の節税対策だけでなく様々な面で役立つ

生命保険を活用して相続税の節税対策する際には、生命保険の非課税枠の活用と相続財産の圧縮効果の2つ大きなものとして考えられます。
生命保険の死亡保険金の全部または一部を被相続人が負担していた場合には、相続税の課税対象となりますが、500万円×法定相続人数で算出された金額までは非課税となる制度があります。
この生命保険の非課税枠を活用することで、相続財産に合算する金額がゼロになったり、減額できたりするので相続税の節税対策につながるのです。

ただ相続税のことを意識して保険に加入するとなれば、被相続人が高齢になっている可能性が多くて、保険に入るのは無理と考えてしまう方も少なくありません。
しかし、保険会社によりますが90歳まで加入することができる一時払い終身保険もあって、加入審査なども厳しくないので比較的楽に加入契約が可能です。
生命保険の非課税制度を利用して相続税の節税をするためにも、保険の加入を考えてみると良いです。

契約者を被相続人・被保険者を相続人とした生命保険に加入すると、相続が発生時の相続財産の評価額は解約返戻金相当額で評価されます。
その為、解約返戻金が低く設定した保険に加入していると相続財産を圧縮することできます。
このように相続財産を圧縮することができると、相続税の節税対策につながります。

生命保険の加入は、このように相続税の節税対策になりますが、それ以外にも相続争いの防止対策や納税資金対策にも役立つのです。
生命保険金は受取人を指定しているので、財産を渡したい人を決めて財産を残すことができる手段となります。
つまり遺産分割協議を経ることなく死亡保険金を受け取ることができるために、無駄な相続争いの防止につながるのです。

また生命保険は、相続が発生し保険請求すると死亡保険金が入るので、土地・建物などの不動産と違って相続税の納税資金に充当することもできるのです。
このように生命保険は相続税の節税対策だけでなく、様々な対策として役立つというメリットがあるのです。